缶バッジはマーケティングの道具として使うことができ、販売を促進する大きな効果があります。1898年にはアメリカで人気キャラクターをデザインした缶バッジが販促用に使われ、売上を伸ばす効果を実証しています。企業が販売促進のため消費者に配るグッズには、ノベルティとプレミアムがあります。ノベルティはターゲットとなる消費者に無償で配布され、プレミアムは商品やサービスを購入した人にだけ配られます。

前者は商品名などを記載したグッズを無料で配布して宣伝効果を期待しますが、後者は特典として配ることで購買行動を促すという違いが存在します。缶バッジは軽くて場所を取らないだけでなく、持ち運びやすくて低コストなので販売促進に利用しやすいグッズです。実際に売上を伸ばすためには、消費者にとって魅力的なデザインにする必要があります。たんに商品名などを記載するのではなく、アニメや漫画の人気キャラクターなどを採用すると消費者に喜ばれます。

ノベルティは、受け取った消費者が日常生活の中で使うことで宣伝効果を発揮するという特徴があります。不特定多数の人々に配るので、受け取ったときに嬉しいと感じるデザインにすることが大切です。プレミアムを使って購買行動を促す場合にも、消費者にとって魅力的なデザインかどうかが重要になります。インターネット上には、オリジナルデザインの缶バッジ製作を請け負う様々な会社のホームページが存在します。

ノベルティやプレミアムを使い販売を促進したいのであれば、缶バッジ製作のプロに相談してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です