缶バッジの制作を専門の業者へ依頼するときには先にやっておくべきことがあります。まず、予算によって制作出来るバッジも違い、例えばサイズだと38mmか32mmでも異なり、裏のピンもフックピン・マグネットや加工もマット・ホログラムなどかなど組みあわせ方でかなり金額も変わります。予算を先に決めて最初に伝えると最適な缶バッジの提案や、相談次第では値引きもしてくれることもあります。缶バッジだけではないですが年末度を迎える2月・3月や、大型連休前の5月・7月・8月・12月は年間の中でも混みあう時期です。

通常なら問題なく制作出来る数量でもこの期間だと受けられないこともあり、スケジュールが決まっているときは早めに相談したほうが納期も間に合います。仕様は、物販だと一般的に台紙へ缶バッジを付けて袋に入れたり、JANシール貼り・証紙貼りなどがあり、バッジだけ作るのと梱包なども依頼するのでは作業工程も違います。最終的な形がわかっているなら色々なケースにも対応できるため、最初に伝えておいた方がいいです。近年はデザインを入稿データすることが殆どですが、データの取り扱いだと全て自社で行わないといけないこともあり、業者により作業を無償で代行してくれるところもあるためこれも予め確認しておくと安心です。

自社でデザイナーがいても業者側で詳しい人がいるかも把握しておくと、何か問題があったときにも話がしやすくなります。出来上がった製品を無事に納品するには信頼できる業者が欠かせず、まずはこんな商品は出来るかと相談してみることです。缶バッジのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です