ネット通販でファッション製品購入にかかる2つの費用

ネット通販でファッション製品を購入する際は、基本的に2種類の費用がかかります。購入前に店の料金体系を把握しておけば、注文後に料金面でトラブルが起きにくくなるでしょう。1つ目は、購入代金です。ネット通販を利用する時に意外と注意すべきなのが、販売価格の表示が税込かどうかにあります。

ネット通販の場合、安さをアピールする為に税別価格を大きく表示して、隣に括弧でくくった税込み価格を表示する表記法を取っている場合があります。注文する過程で購入価格が想定と違うのに気付くと購入計画が乱れる事がありますので、事前に確認しておく事が大切です。2つ目は、手数料です。購入方法や購入合計金額により無料になる場合もあります。

購入方法として、支払いが代引きや銀行振込の場合は、代引き手数料や振込手数料が生じます。クレジットカードを利用する場合は、基本的に代引き手数料も振込手数料も生じません。また、購入合計金額では、購入額が一定を超えると配送料を無料にしてくれる店が多くあります。この点は多くの店がアピールしている所で、例えば「10800円以上の購入で送料無料」という様に明記されている事が多くあります。

この他には、海外のファッション製品販売サイトを利用する際に、購入代金の変化を観察するのも大切です。海外のファッション製品販売サイトでの販売価格は、日本円との為替レートで変動させている場合があります。状況によっては送料を賄えるほど変化しますので、特に急いで入手する物ではないなら、安くなった時を見計らって購入すると良いでしょう。また、注文した品が想像していた物と違った場合等に、返品する費用についても調べておくと良いでしょう。

料金体系を把握しておけば、買い物に不測の事態があっても余裕を持って対応しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です